配管加工

溶接ロボット

溶接ロボット

配管加工・溶接のロボット化

配管加工において、安全に配慮することはもちろんですが、作業の効率化は
これからの課題となります。
溶接ロボットの導入は、作業の効率化に対して大きな効果を発揮します。

 

バーリング加工

バーリング加工とは、鋼管に下穴をあけ、引き抜き加工を行うことで、一体化した分岐部分(枝管)を形成する加工方法です。従来工法では複雑な溶接加工が用いられていましたが、加工には熟練を要しますし、どうしても不具合が発生しやすい部分となっていました。
一体化加工することにより、従来工法の抱えていた問題を解決したのがバーリング工法です。

バーリング引抜加工
バーリングマシン加工可能管種及び加工可能口径
加工可能管種:白鋼管・黒鋼管・ステンレス管
  加工口径(A)
3240506580100125150200250300400









主管(A)
80
100
125
150
200
250
300
350
400
450
500

ジャストフレア

ジャストフレア工法とは、溶接を使わない新しい配管方法です。鋼管の管端部分を直接ツバ出し加工します。配管場所では、ルーズフランジを用い、ボルトナットで締め付けるだけの単純な作業で配管が完了します。この工法により、従来の溶接加工と比べて工期の短縮、電気使用量の低減などの利点を生み出すことができます。

ジャストフレア加工1

ジャストフレア加工管種及び加工可能口径
 口径(A)


加工
管種
506580100125150200250300350
SGP鋼管
(白・黒)
圧力鋼管STPG
ステンレス管
施工実績 アクセス お問い合わせ ご家庭向け 管工事 アリオレス